2011年10月06日

「英語を話す」という意味においては

「英語を話す」という意味においては

英会話スクールに行くより【ネイティブ・イングリッシュ】
難しい単語も使わなければ、複雑な構文も使いません。

それでも英語がペラペラですし、
大人とでも問題無くコミュニケーションを取ることができます。

「最初から難しい単語を駆使して話せないと嫌だ」

という変なこだわりがある人に限って挫折することが多いですし、
挫折をしたら当然ながら英語は話せるようになりません。

簡単なことから始めた人に追い抜かれるのがオチです。

だから、まずは、簡単なことから話す。

そうして話せるようになってから、だんだん難しい表現も覚えていく。

この順番で身につけるのが「英語を話す」という意味においては、
一番効率が良いのです。
英会話スクールに行くより【ネイティブ・イングリッシュ】



もしあなたが、こんな驚異的な記憶力を持っているなら、
何も問題はありません。

しかし、普通の人は、覚えたそばから忘れていくものです。

留学した人でさえ、ほんの数カ月たてば元の状態まで戻ってしまう人も少なくありません。

普通に勉強していては、忘れて当然なのです。

それなのに、今までの日本の英語教育は、
そのあたりのことをフォローしていないどころか、まったく気づいていないようにさえ思えます。

まるで、「天才以外は、英語ができなくてよろしい」 と言っているようです。

しかし、もちろん、普通の人が英語を話せるようになるやり方があります。

それは・・・
posted by english at 09:49 | 長崎 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語を話す3つの原則

英語を話す3つの原則


英会話スクールに行くより【ネイティブ・イングリッシュ】
日本人であれば、
「なぜ、話せないんだろう?」と思うほど高い英語の基礎力を持っているからです。

「いえ、私は英語が苦手で、基礎力なんてありません・・・」
なんておっしゃるかもしれませんが、心配要りません。

なぜなら、「英語を話す3つの原則」にしたがえば、あなたも英語が話せるようになるから。

この、シンプルかつちょっと意外な「3つの原則」にのっとれば、
英語を話せるようになるはずですし、経験的に言っても、それは確かです。
posted by english at 09:47 | 長崎 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Oracle認定 SJC-Pは1710円安く受験しましょう ----------------------------------------2011/10/4時点----
Oracle認定Javaプログラマ(OCJ-P)試験番号
----------------------------------------------------------
Oracle認定JavaプログラマSE 5 試験番号: 1Z0-853 出題数: 60問 合格%:70%
Oracle認定JavaプログラマSE 6 試験番号: 1Z0-851 出題数: 60問 合格%:61%
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。