2012年10月23日

日本人の英語学習者が初めて自然な速さ

日本人の英語学習者が初めて自然な速さで話される英語に触れたとき、彼らはすぐに聞こえてくるひとつひとつの単語を書き言葉と同様の形として順番に探そうとしてしまいます。

自然な速さの英語は口語体で話されており、一つ一つの単語そのものが文字で表すことができる音ではない場合もあります。 音が組み合わされて新しい音に変化していたり、音が欠陥していたり、またはあまり聞きなれない音、教科書にも書かれていない、学校で教わることもない音もあります。

ネイティブスピーカーは耳に入ってきた単語ひとつひとつの意味を理解して吸収しているのではなく、ひとつの英語の文章をひとつの音声の大きな『かたまり』として理解しているのです。流れてくる音声のかたまり全体がどういう意味を含んでいるのか理解することができるので速い英語を聞き取ることに問題が生じないのです。

スコット・ペリーのネイティブスピードリスニングはこれまで 日本の英語勉強で耳にしてきた英語ではない自然に話されている本場の英語サウンドを学ぶことにより、これまでの狭まった英語勉強から新たな面の英語理解へと導きます。

歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法
【リアル・イングリッシュの最新記事】
posted by english at 21:25 | 長崎 ☀ | リアル・イングリッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Oracle認定 SJC-Pは1710円安く受験しましょう ----------------------------------------2011/10/4時点----
Oracle認定Javaプログラマ(OCJ-P)試験番号
----------------------------------------------------------
Oracle認定JavaプログラマSE 5 試験番号: 1Z0-853 出題数: 60問 合格%:70%
Oracle認定JavaプログラマSE 6 試験番号: 1Z0-851 出題数: 60問 合格%:61%
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。